キンボールってなに?

キンボールは、1986年カナダの体育学士マリオ・ドゥマース氏によって考案されました。

キンボールの理念である協調性・スポーツマンシップの育成・運動能力に関係なく・だれでもゲームに参加できることが学校教育に取り入れられ急速に普及しました。
現在では、カナダやアメリカの学校5,000校以上に、また多数の成人教育コースに取り入れられています。

日本では1997年10月に初めて紹介されました。

2005年4月現在で普及活動に携わる登録者数は13,000名を超え、各地域で講習会や大会など盛んに行われています。


OMNIKIN-オムニキン

キンボールは、ヒットの前に「オムニキン」という言葉とレシーブするチームの色を言うのが決まりです。

オムニ(OMNI)=すべての
キン(kinesthesis)=運動感性
という意味で「すべての人が楽しめるスポーツ」との思いがこめられた造語です。


ゲームの種類

キンボールは、大きくコンペティションゲームリードアップゲームに分けられます。

コンペティションゲームには、オフィシャルゲーム(国際ルール)とルールバリエーションがあり、参加者の年齢や体力に合わせて国際ルールの一部を変更し、参加者がよりゲームを楽しめるようにしたものがルールバリエーションです。

リードアップゲームは、競技が困難な小さい子や高齢者、障害者を対象としてキンボールを使用し、段階的に親しむプログラムです。


→キンボール・ゲームのページへ


Copyright (C) 2005 FukushimaKinballFederation , All rights reserved.